合宿免許を取得した思い出

私は学生時代の最後に、合宿免許で運転免許を取得しました。
学生の最初の時は、学費の足しや生活費などを出すためにアルバイトを結構していて、教習所に通う時間と心の余裕がなかったんです。
友人が次々と運転免許を取っていくのを見ていて、本当は羨ましかったのですが、今は自分には無理かな、と思って半ば諦めていました。
学生生活も最後の方になって、家賃や生活費のことを計算してみると、結構お金が余っていることに気がついて、いろいろと検討です。
その前に、運良く就職も決まったのですが、就職後は実家に帰るので、このお金は自由に使えそうだと思いました。
ただ、友人から教習所が結構混んでいることがある、と聞いて、どうせならば、就職する前に免許を取りたいと決意です。
友達が前に、合宿で免許を取った、という話を結構聞いていたので、自分も行ってみることにしました。
合宿だったら、短い期間で取れますし、就職に十分間に合います。
ひとつ心配だったのが、一人で行って寂しくないか、ということでした。
そういう心配があったのですが、実際に合宿へ行ってみると、もちろん友達同士で来ている方もいらっしゃいますが、宿泊するところが一緒なので、そういう方々と話たりして、寂しい思いはせずに通うことができました。
一日、学科や実技を受けられるので、あっという間に免許を取得できたような気がします。
就職前に免許を取ることができて、中高車を購入して、車の練習もして、職場には車で通えるようになりました。